2005年10月15日

TVでも伝わってくる横山操〜TV東京「美の巨人たち」

 私はあまり、TVを見ません。最近のTV番組のセットは色がけばけばしく、内容どうこうよりまず眼が疲れるのです。あんなに過剰にセットを組む必要があるのだろうか?

 例外が「美の巨人たち」なのですが、今日(10/15)放送分の「横山操」凄かった。横山操は、名前と作品を数点、新聞か雑誌でみた事はありましたが、こんなに圧倒的な迫力があるとは思ってもみませんでした。シベリアで抑留生活を送り、53歳の若さで亡くなっているので画家として活躍したのは20年足らずですが、何というか「切羽詰った感じ」が圧倒的です(病弱だったとか、死病を患っていたとか、そういう訳ではないです)。TVから溢れてくる気迫というか…。とにかく30分間、息をのんで見てました。

 ネットで検索してみると、6年程前に展覧会やってたんですね。こんなに凄い画家だったのに、そうと知らなかった自分の不明を恥じます。あぁ、どこかでまた回顧展やってくれないかな

 余りの迫力に気圧されて、明日行こうと思ってた、ルーブル展(アングルの「トルコ風呂」だけが目当て)吹き飛んでしまいました。横山操の後で、あの綺麗綺麗したアングルの世界は観る気がしません。

 ちょっと、興奮しています。TV見て興奮するなんて久々の事です。

 ・・・いや、でも行くかな。・・・・・どうだろう。
posted by りうこ at 23:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。