2005年06月25日

ミヒャエル・ゾーヴァ展@美術館「えき」KYOTO〜ちょっと軽めに。

eki_img01.jpg
 百貨店系美術館が次々閉鎖していく中、奮闘してる、京都伊勢丹内美術館。百貨店系の美術館は何が良いかと言うと、休みが少ない・遅くまで開いてる・駅至近等々。

 「ミヒャエル・ゾーヴァ」って、誰??と思いましたが、映画「アメリ」で、アメリのベッドの頭上の壁に掛けられた犬の絵と鳥の絵、そしてベッドのサイドの豚が印象的なランプ。あれを描いたり作ったりした人です。映画を見てなくても、絵を見ると「あぁ、どこかで見たことある」と感じる人も多いと思います。

 実は私も「アメリ」、観てません。いかにも若い娘が好きそうな映画で、ちょっと抵抗があったから。ダメですねぇ。ハードゲイもこの前(6/18)のビッグポルノで「映画と聞いて連想する映画は?」というお題に「アメリ」と大股開きで答えてました。きっと彼女とでも観に行ったんでしょう、ハードゲイじゃなく住谷正樹の方が(笑)。カップルで観る様な映画、おっさんな私には、ダメ絶対無理(笑)。

 話が横道に逸れました。すみません。
 絵には、ウサギの王子・豚・熊など沢山の動物が出てきます。画風は静かで童話的、時にユーモラス。だけど、なんとなく不気味な所があります。そのせいか、どうかは分かりませんが、何故か惹かれるものがあり、注視してしまいます。観ていてその不気味さも楽しいというか。

 細部を観て下さい。一点一点何かしら面白いところがあります。一緒に仕事をしている童話作家曰く「彼は上塗り屋」だそうで、「光の具合が気に入らない」だの「草を数本足したい」だの言って、描いた絵を修正したがるそうで中々締切りになっても絵を完成させぬとか。そればかりか、童話の挿絵が初版と二版では違っている事がままあるらしいです。プロなら、ある程度完成した時点で妥協しなければならないのでしょうけど、彼はきっと完璧主義者なのです。納得行くまで描き直さないと気が済まないんでしょう。何となく心情は分かります。

 会期は〜7/3(日)まで。もう少しありますから、会社の帰りなど、是非寄ってみて下さい。不思議に楽しい気持ちで満たされます。これは、保障します。駅の真上ですから便利ですし。最終日以外は午後8時まで開館(入館は7時半迄)

http://www.wjr-isetan.co.jp/Kyoto/index.htm

 
posted by りうこ at 22:09| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。