2005年05月05日

大阪北浜 三越百貨店最後の日。

P1000023.JPGP1000002.JPGP1000001.1.JPG 
 今日、大阪北浜にある三越百貨店大阪店が閉店した。 315年の大阪店の歴史に幕を下ろすという。
 大阪は御堂筋が出来るまでは、堺筋という三越も面する大通りがメインストリートだった。だから、この道の周辺には戦前の優雅な建築物が数は少ないが残っている。三越も阪神大震災で被害を受けるまでは大正ロマン的な?見事な外観を誇っていた。今はファサードの一部が残っているだけだが。

 震災前、三越の最上階には「三越劇場」という、あまり一般受けしないが、質の高い所謂『お文芸映画』を選りすぐって上映する映画館があった。私は大学が京都にあったので、授業が終わると京阪電車に飛び乗り、三越劇場によく行ったものだ。エレベーターにはボッティチェリの春の絵が描かれており、絨毯は古びているが足に心地良く、古き良き大阪の匂いが残っていたものだ。

 しかし、商圏が大阪梅田(キタ)と心斎橋・難波(ミナミ)に集中したため客数が減少し、赤字が続いたので、閉店し取り壊されてマンションが建つという。

 閉店セレモニーには四人のソリストと100名のアマチュアの第九の合唱のイベントが行われ、昔ここが文化の発信地のひとつであった事をしのばせていた。
 閉店時間、船場のだんさん・ごりょんさんと昔言われたであろう人々が、外商の三越社員に「寂しい」と言っている光景をあちこちで目撃した。

 店長以下従業員が頭を下げたまま、シャッターはゆっくりと閉まっていった。隣にいた品の良い老婦人が涙を拭っていた。大阪の古い文化の香りがまたひとつ消えた。私もシャッターが完全に閉まるのを見送った。 
posted by りうこ at 21:57| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い記事に失礼します
私も学生時代ここの映画館に行っていました
確かにアート系の映画をよく上映していました
当時はなんでこんなところに百貨店?と思っていたのですが
おかげで歴史がわかりましたありがとうございます。
Posted by at 2016年06月13日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。